お役立ち情報Useful Information

今回は東京・大井町で2021年10月に新規オープンした、ワクワクに満ち溢れるコミュニティ形成カフェ「PARK COFFEE (パークコーヒー)」を紹介します。

大井町をはじめ、東京の美味しいレストランやカフェを紹介するかんべ土地建物の非公式Twitterアカウント「不動産グルメ部」でも、おすすめランチ情報・カフェ&グルメ情報を発信しているので、良かったらフォローをお願いします。

大井町のカフェ「PARK COFFEE」基本情報

「PARK COFFEE」の基本情報は以下の通りです。

【住所】〒140-0014 東京都品川区大井1-8-3
【行き方】東急大井町線「大井町駅」から徒歩2分、京浜東北線「大井町駅」西口・東口から徒歩2分
【電話番号】03-6754-4286
【営業時間】平日/ 09:00~18:00、土日・祝/ 10:00~18:00
【定休日】なし
【席数】10席程度(コミュニティスペースを含む)
【喫煙有無】全席禁煙
【予約可否】不可

「PARK COFFEE (パークコーヒー)」について

「PARK COFFEE」は、2021年10月14日に東京・大井町にオープン。東急とSunset Coffeeがタイアップにより実現した新しいスタイルのコミュニティ形成カフェです。コンパクトでcuteな建物の一階部分はカフェで、二階部分は東急株式会社の事務所となっています。


(PARK COFFEE外観)

「PARK COFFEE」で提供されるコーヒーは、東京・三軒茶屋にあるコーヒー豆の名店「OBSCURA COFFEE ROASTERS (オブスキュラ コーヒー ロースターズ)」が監修しています。「OBSCURA COFFEE ROASTERS」では、最高品質のコーヒー豆を世界中のコーヒー農園から直接買い付けているため、味は超一級品!!

店舗運営は、自由が丘で大人気のスタンド式コーヒー店「Sunset Coffee」を運営する株式会社シードが行っています。※「Sunset Coffee」の紹介は記事終盤にあります。

「PARK COFFEE」では、良質なコーヒーをきっかけに大井町近辺に住んでいる方や来街者が気軽に立ち寄れる憩いの場を提供することを目指してるそうです!!

ワクワクする「PARK COFFEE」のコンセプト

PARK COFFEE (パークコーヒー)」の公式ホームページにもありますが、コミュニティ形成カフェとしてのコンセプトは以下の通りです。

誰もが幼いころ、訪れるであろう場所。​そして新たな友人や、遊びと出あう場所。 「PARK COFFEE」は、大人になっても立ち寄れる、公園のようなコーヒーショップ。 ​多彩なカルチャーが行き交うこの場所で、幼い頃のように垣根を越えた仲間や遊びと出あいましょう。

コンセプトの情景を想像するだけで、ワクワクしてしまいますね!
実際に店内に入ると、もっとワクワクする工夫が施されており、ずっとカフェにいたい気持ちになってしまいました(笑)
その巧みな仕掛けについては後ほど紹介したいと思います。

地域コミュニティ形成としてのカフェ「PARK COFFEE」

「PARK COFFEE」では、地域コミュニティ形成・活性化に向けて様々なイベントや企画を用意しています。更に、今後はフリーペーパー等による大井町の街の情報発信等も積極的に行う予定で、ここに来れば大井町の最新情報をアップデートできてしまいます!!

今後開催される予定のイベントについて少し触れると、直近では「フードロスイベント」「フラワーアレンジメントイベント」「品川区子育てお話し会」といったイベントが行われる予定です。

詳しいイベント情報は、こちらよりご確認ください。

店内の隅々まで環境に優しいカフェ「PARK COFFEE」

「PARK COFFEE」では、店内の内装に廃棄される鉄道車両の部品や、旧駅舎の古い木材を活用しています。また、カフェのスタッフさんが着ている可愛いエプロンは、鉄道保守管理の技術服をリサイクルして作られているそうです。

近年、SDGs (Sustainable Development Goals)という言葉に注目が集まっていますが、「PARK COFFEE」は環境負荷軽減という社会課題に、超真剣に向き合っているのです!

ますます応援したくなっちゃいます!

「PARK COFFEE」店内のワクワクの正体を徹底解剖!

ここからは店内のワクワクの正体を解き明かしていきたいと思います。

ワクワクポイントその① 巨大な大井町周辺MAPのボードが!?

まず、店内に入って目につくのが、コミュニティスペースの壁にある巨大な大井町周辺地図のボードです!


(手作り感満載!)

ユニークで可愛い絵やローマ字で書かれた文字を夢中に読んでいると、すぐに10分ぐらい経過してしまいます。
カフェの利用者が、大井町周辺のおすすめ店等をボード上に記載できるようにする構想があるようです。

超裏話なのですが、実はこの絵、全て三菱鉛筆株式会社のポスカで描かれているとのこと!?凄すぎますね!!

ワクワクポイントその② 電車の手すりや棚が店内に!?

店内奥の座席スペースには、電車に以前実装されていた手すりや網棚がそのまま備え付けられています!


(店内奥席の様子)

席に座って横を見ると、なんとなく電車に乗っている感覚になるので、ガタンゴトンと自ら揺れてしまいそうです(笑)

ワクワクポイントその③ お手洗いの中に「◯◯◯◯◯」が!?

お手洗いのドアを開けてみると、そこには衝撃の光景が広がっていました!


(お手洗いの中の様子)

「◯◯◯◯◯」の答えは、「つり革広告」です(笑)
電車の中にあったつり革広告のフレームをそのまま再活用しており、衝撃!!特別な気分になりそうですね(笑)

その他、お手洗いの中には、手すりや網棚も備え付けられています。


(お手洗い内の網棚)


(こんなところにも電車の手すりが!?)

ワクワクポイントその④ 意外な場所に電車の車窓が!?

コーヒーの容器を捨てる時までは気づかなかった点ですが、ゴミ箱の入り口が超おしゃれ!!


(細部まで遊び心満載!)

小さいお子さん連れの方であれば、お子さんが窓だと思って覗き込んでしまいそうですよね(笑)
こんなところにも電車の車窓を意識した東急の工夫が凝らされているのです!さすが東急!!

「PARK COFFEE」ドリンクメニュー

飲み物の種類に関しては、「本日のコーヒー」をはじめ、「ドリップ・コーヒー」「カフェラテ」「ソイラテ」「オートラテ」「チャイラテ」「ティー」など、人気の飲み物は一通り揃っています!詳しくは下記の写真でご確認ください。


(PARK COFFEEのドリンクメニュー)


(PARK COFFEEの可愛いロゴ)

美味しいコーヒー豆も買える「PARK COFFEE」

上記でも少し紹介しましたが、「PARK COFFEE」のコーヒーは、三軒茶屋にあるコーヒー豆の名店「OBSCURA COFFEE ROASTERS 」が監修しています。なので、美味しいコーヒー豆を買いに三軒茶屋の「OBSCURA COFFEE ROASTERS」まで遥々足を運ばなくても、「PARK COFFEE」で美味しいコーヒー豆が買えてしまうのです!便利すぎますね!


(可愛いパッケージの中に新鮮なコーヒー豆を入れてくれます!)


(コーヒーに詳しくなくても超分かりやすい説明!)

「PARK COFFEE」の店舗運営をするSunset Coffeeについて

Sunset Coffee」は、自由が丘で地元の人たちに愛されている人気のスタンド式コーヒー店です。

コンセプトは以下の通りです。

Sunset coffee は、来街者にとって街の案内所である。
そして、街で働く人にとっては、スイッチを入れる場所である。
それは、味だけでなく。 さりげなく、コミュニケーション1つにとってもお客さんに 元気を提供する。
life begins after coffee
1日はコーヒーで始まる

毎朝コーヒーを飲むことから始まる私にとって、とても共感してしまいました(笑)
自由が丘に用事がある時は、一度寄ってみたいと思います!!

「Sunset Coffee」の基本情報は以下の通りです。

【住所】〒152-0035 目黒区自由が丘1-26-14 オクズミビル1F
【行き方】自由が丘駅から徒歩3分
【電話番号】03-5726-9203
【営業時間】平日/ 10:00~17:00、土日・祝/ 11:00~18:00

最後に

ここまで、大井町に新規オープンした東急とSunset Coffeeによるタイアップのコミュニティ形成カフェ「PARK COFFEE (パークコーヒー)」について紹介してきましたが、如何でしたか?
ワクワクする素敵な空間に、是非皆さんも足を運んでみて下さい!
この記事が少しでも皆さんの役に立っていると幸いです。

 

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成しています。公開後に情報が変更される場合がありますので、各HPで最新情報の確認をしていただくようお願いいたします。
※本記事は東急株式会社にシェアしていただいたプレスリリース等の資料を基に作成しています。